インターネットの手続きについて

インターネットを使えるようになるまでは、
様々な手続きがあります。

 

申し込みをしてから、実際に使えるようになるまでには、
1〜2週間ぐらいかかりますので、早めに手続きをする
事をおススメします。

 

春の引っ越しシーズンには1か月以上待たされる事も
あるので、注意しましょう。

 

ポイントとして、重要な点を挙げておきますね。

 

プロバイダと回線業者(電話会社)の違い

 

まずは、プロバイダと回線業者(電話会社)の違いを
覚えておいた方が、スムーズにいくと思います。

 

プロバイダとは、インターネット接続のサービスを提供する
会社で、「Yahoo!BB」「BIGLOBE」「OCN」「Sonet」
などがあります。

 

回線業者とは、インターネットで使用する回線そのもの
を所有している会社で、「NTT西日本」「NTT東日本」
「ソフトバンク」などがあります。

 

インターネットをするには、プロバイダと回線業者の2つと
契約する必要がありますが、ほとんどが一緒にセットと
なっています。(OCN光フレッツなど)

 

インターネットの新規申し込みでは、このセットプランに
申し込めばOKですが、既存のインターネットを移転する
場合はプロバイダと回線業者の両方に連絡が必要です。

 

新規に申込みをするとき

 

新規の申し込みでは、なるべくお得に申込みを
したいというのが本音ですよね。

 

お得に新規契約するには、キャッシュバック料金が
多いところと契約するのが一番です。

 

そこで、キャッシュバックの多いところを見ていきましょう。
ただ、キャッシュバックは多いのですが、色んなオプションに
加入しなければならない…という所もありますので、
注意しましょう。

 

@光回線 キャッシュバックインターネットプロバイダ(接続サービス業者)
A光回線のキャッシュバックNTTより業務を委託された代理店会社
B光回線キャッシュバック お得家電量販店
C光回線キャッシュバックがお得価格.com

 

上記にキャッシュバック特典を受けられるサービスを
分類してみました。
この中ではAが断然お得です。

 

Aの代理店では、プロバイダと回線業者(電話会社)を
セットで選ぶことになりますが、プロバイダも多くの種類から
選べます。

 

但し、前述したように、ある条件
(光回線加入と同時に、プレミアムTV、
NTTカード、ひかり電話もっと安心プラン
などに加入)などのオプション加入しないと、
キャッシュバックが多く貰えないという所が、
ほとんどだったりします。

 

上記のようなオプションに加入すると、
毎月の支払いが高くなってしまい、
最初にキャッシュバックを貰えたとしても、
結果的に損することになります。

 

オプション加入なしでキャッシュバックが
貰える所も数少ないですが…あります。

 

代理店選びが重要となってきます。

 

・プレミアムTV
・フレッツTV
・NTTカード
・ひかり電話もっと安心プラン

 

などのオプションに加入しなくても、
高額のキャッシュバックを貰えるところ
があります。

 

いくつかありますが、一番キャッシュバック
金額が多くてお得なのが、N’sカンパニー
(エヌズカンパニー)
です。

 

他と比較しても一番の高額キャッシュバックです。
西日本は40,000円、東日本は38,000円と、
若干の差があります。

 

キャッシュバック特典は現金で戻ってきます。
キャッシュバックが貰えるのは、開通工事完了後から
2か月後です。

 

キャッシュバック手続きはホームページ上から
簡単に行えるので便利です。

 

取り扱っているプロバイダは、
・YahooBB
・OCN
・BIGLOBE
・SANNET
・@TCOM
・So-net
となっています。

 

SANNET@TCOMなど、
格安プロバイダもあるので、
毎月の支払いも安く抑えられます。

 

このN’sカンパニーが最もオススメです。

 

住所変更などでプロバイダ、回線業者を継続するとき

 

プロバイダを変更すると、メールアカウントなどが
変わってしまうので、プロバイダをそのまま継続
したい、という方は自分で手続をしないといけません。

 

まずはプロバイダに住所変更の届け出をしましょう。
プロバイダによっては、Web上で住所等の修正/変更
をするだけで完了となる場合もあるので、確認しましょう。

 

住所変更書類をWeb上から申請して、書類がきたら、
必要事項を記入し郵送するところもあります。

 

プロバイダの手続は住所変更だけで完了するところが
ほとんどです。
工事などは必要ありませんので、簡単に済みます。

 

回線業者(電話会社)には、住所変更の連絡とともに、
インターネット開通工事の連絡もします。

 

NTT(東/西日本)、ソフトバンク、KDDIなどは、
専用電話窓口があるので、そちらに電話をすると
スムーズにいきます。

 

特にNTTでは「116番」に電話をするだけでOK!です。

 

注意点としては、なるべく早めに連絡をする事です。
開通工事の予約が混み合っている場合もあり、
ギリギリで連絡をすると、開通工事まで期日が
長引いて、引っ越してスグにインターネットを
使えない事も考えられます。

 

あとは、土日は電話対応窓口が凄く混み合って
いる場合が多いので注意しましょう。

 

スグにインターネットを使いたい!

 

新規でも、引っ越しでの継続でもそうですが、
開通工事までがずいぶん長くかかったり、諸手続きが
面倒くさくてイヤ!という人は、ワイヤレス無線ルータも
おススメです。

 

「WiMAX(ワイマックス)」という無線ルータが速度も
早くて、今人気です。
WiMAXルーターは、申し込めば数日で届きますので、
これを部屋において、パソコンの設定をするだけで
スグにインターネットが使えるようになります。

 

無線のルーターなので、開通工事をしなくても
インターネットが使えます。
ただし、どうしても有線の回線よりは速度が落ちます。
サービス対応のエリア外では非常に繋がりにくい状態と
なります。

 

インターネット開通までの繋ぎと考えて、
使用している人が多いようです。

 

【GMOとくとくBB】WiMAX月額3,591円