「モデム」と「ルーター」について

 

パソコンを購入してインターネットを始めると、
必ず「モデム」「ルーター」という言葉を耳にします。

 

ここでは、インターネットをする上で重要な「モデム」、
「ルーター」について説明していきます。

 

 

モデムとは

 

モデムとは、アナログ信号とデジタル信号を相互に変換する機械のことです。
一昔前は、パソコンと一緒に「モデム」を購入して設定しなければいけなかった
のですが、最近のパソコンは「モデム」が内臓なので、複雑な設定をしなくても
インターネットをスグに利用することが可能です。

 

ADSLなどのアナログ回線でインターネットをする際は、
パソコンのデジタル信号をアナログ信号に変換し、電話回線に転送します。
また、アナログ回線から送られてきたアナログ信号をパソコンへ転送する
際には、デジタル信号に変換します。

 

アナログ回線(ADSLなど)でインターネットをする場合は、この「モデム」が
必需品となります。
この「モデム」がないと、インターネットにパソコンを繋いでも、
信号のやり取りが出来なくなります。

 

ただし、ここまでの話はADSLのようなアナログ回線の場合です。

 

現在、広く普及している「光回線」の場合は、モデムを必要としません。
モデムと同じ役割をする機械が、「光回線終端装置(ONU)」と呼ばれる
ものです。

 

この光回線終端装置(ONU)で、光信号と電気信号間の変換をします。
なので、光回線工事の際は必ずこの装置を工事会社で設置していきます。

 

モデムの役割

 

 

 

ルーターとは

 

前述した「モデム」「光回線終端装置(ONU)」を使えば、
パソコンがインターネットと通信出来るようになります。

 

でも、これでは一台しかインターネットと接続出来ません。
そこで、登場するのが「ルーター」という装置です。

 

ルーターは、コンピュータネットワークにおいて、2つ以上の
異なるネットワークへ相互接続するための通信機器です。

 

「モデム」「光回線終端装置(ONU)」を使って、このルーター
に接続すると、複数の端末が同時にネットと接続することができます。
さらにルーターに接続されている端末同士も通信出来るようになります。

 

端末(パソコンなど)の接続方法には、LANケーブルで有線接続する
方法と、無線で接続する方法があります。

 

無線で接続する「無線LAN方式」だと、家の中のどこからでも
インターネットに接続できるので、自由な場所でインターネットを
楽しめるようになります。

 

「無線LANルーター」という装置でこれが可能となります。
無線で複数のパソコンをインターネットに接続できます。
ほとんどの無線LANルーターは、後ろにLANポートもあるので、
有線LANによる接続も可能となっています。

 

無線LANルーター

 

 

「モデム」「ルーター」のことを理解したら、インターネット回線プロバイダ
をしっかり比較して、一番お得で自分に合ったインターネット回線にしましょう!

 

お得なインターネット回線の申込みについては、
下記サイトをご参考下さい。
↓↓↓
一番お得な「インターネット回線」の申込み