インターネット回線、光回線工事について

光回線工事

 

一戸建ての光回線工事のステップについて説明します。

 

@光回線の引き込み (電柱→各戸外壁)
一戸建て住宅の場合は、電話線と同じように
電柱から住宅の外壁に光回線を引き込みます。

 

A光回線の屋内配線(外壁→屋内)
屋外から屋内への引込みは通常、電話線などが
通っている配管を利用します。

 

既存の配管を使用しる事が難しい場合は、
エアコンの室外機とのダクトを通したり、
壁に穴を空けたりして屋内へ引き込みます。

 

光回線引き込み工事

 

B回線終端装置の設置
屋内に引き込んだ光回線は「回線終端装置」
と言われるものに接続します。

 

※@ABはNTTで行います。

 

Cパソコンへの配線
上記の回線終端装置とパソコンを接続することになります。
回線終端装置とパソコンの間にルータ等を設置してLAN
ケーブルで接続します。

 

無線LAN対応機器を使用すると、別の部屋や離れた場所
のパソコンで利用することが出来ます。
その場合は、回線終端装置に無線LAN対応のルータを
接続することで利用できます。

 

●新築住宅の場合
新築住宅に光回線の導入を考えている方は、
設計段階から光回線引き込み用配管、
光回線の引き込み場所(どの部屋にパソコンを設置するか)、
回線終端装置の設置場所、各部屋へのLAN配線用の
配管を考えておくことをおすすめいたします。

 

 

インターネット回線工事光回線工事 早い

 

 

こんな感じで工事に来ますよ↓↓

 

 

 

光回線工事

 

集合住宅(マンション)の光回線工事について説明します。

 

集合住宅のフレッツ光の配線は、3種類あります。
共用スペースに引き込んだ光回線を各戸で共有する
「共同利用方式」には、マンション内の配線によって
「光配線方式」「VDSL方式」「LAN配線方式」の
3つがあります。

 

各戸までの光配線の引き込みは、マンション側で行い、
各戸の回線終端装置までの接続をします。

 

回線終端装置からは、各部屋の個人がパソコンに
接続することになります。

 

回線終端装置とパソコンの間にルータ等を設置してLAN
ケーブルで接続します。

 

無線LAN対応機器を使用すると、別の部屋や離れた場所
のパソコンで利用することが出来ます。
その場合は、回線終端装置に無線LAN対応のルータを
接続することで利用できます。

 

光回線工事

 

インターネット工事 早い光回線工事