マンションでの光回線について

マンションと一戸建てでは同じ光回線でも料金が違います。
これは、光回線の線の引き込み方の違いかたくるものです。

 

NTTフレッツ光では、光回線のマンションタイプなら3000〜4000円
光回線の一戸建てなら6000円〜7000円程になります。

 

 

■マンションタイプの場合は

 

マンションの場合は、その建物まで光ファイバーの線を引き込み、
それから各部屋に回線を分配します。

 

建物の共有部に引き込んだ光ファイバーを共有で利用するので
料金が安く済みます。

 

マンションの場合は共有部分に引き込んだ光ファイバー線を各部屋に
配線する方法はマンショ ンによって違っています。
直接引いたり、LANを使ったり、VDSLなどを使ったりと様々です。

 

最近の比較的新しいマンションでは、各部屋にすでに配線してあって
スグに使える場合も多いです。
逆に光回線のインターネットを使っている家庭がいないマンションなどでは、
光回線を引き込めない場合もあります。

 

マンションの管理者に聞いてもいいですが、NTTに自分の住んでいる、
または住む予定のマンションが光回線を使えるのかどうかを聞く方が
早いかもしれません。

 

またフレッツ光のホームページでは郵便番号を入力すれば、自宅で
光回線が使用可能かどうかがわかります。
一度確認しておいた方が良いでしょう。

 

 

■一戸建ての場合は

 

戸建ての場合は各家の中に直接光ファイバーの線を引き込みます。
だいたいNTTの代理業者が来て、工事を行います。

 

電柱から光ファイバーの線を引き込みますが、電話線を引き込んでいる
穴や、エアコン室外機の穴などを利用して家の中に引き込みます。

 

引き込んだ光ファイバーの線は、光のルーターに接続します。
これは全て業者がやってくれます。

 

あとはルーターからパソコンに繋いで設定すればインターネット回線
が使用可能となります。(プロバイダ契約、光回線契約が必要です)

 

一戸建てでは、光ファイバー回線は、その家専用となるので、
速度はマンションタイプに比べて速いです。
マンションタイプより多少料金は高めになりますが…

 

ただ最近は一戸建てでも光回線は安くなってきました。
キャンペーンなども色々ありますので、調べてみるといいでしょう。

 

 

プロバイダ名 マンション料金 一戸建て料金 詳細

BIGLOBE

3937円

6720円

もっと詳しく

OCN

3989円

6720円

もっと詳しく

DTI

3706円

6458円

もっと詳しく

So-net

3937円

6720円

もっと詳しく

@nifty

3989円

6510円

もっと詳しく

plala(ぷらら)

3832円

6510円

もっと詳しく

hi-ho

3927円

6720円

もっと詳しく

BB.excite

3517円

5985円

もっと詳しく

ASAHIネット

3570円

6279円

もっと詳しく

WAKWAK

3622円

6457円

もっと詳しく

※マンション料金、一戸建て料金は共に
  フレッツ光料金+プロバイダ料金の合計です。